海外 『青天を衝け』登場人物相関図

海外 米国海軍軍人:マシュー・ペリー 日本を開港させるという使命を背負い、黒船を率いて浦賀に到着。幕府に国書を手渡し、その半年後に約束通りに再来航した。煮え切らない幕府に強気の交渉で挑み、日米和親条約を締結させる。 <#青天を衝け 登場人物紹介>米国海軍軍人#マシュー・ペリー(#モーリー・ロバートソン)日本を開港さ…

続きを読むread more

福井藩 『青天を衝け』登場人物相関図

福井藩 福井藩主:松平慶永(春嶽) 「才ある美しいものを好む」という気質からか、慶喜の英邁(えいまい)さをいち早く見抜いてすっかり心酔。慶喜を次期将軍に押し上げるべく奔走する。安政の大獄で隠居した後、慶喜と共に京へ上り、政界に復帰する。 <#青天を衝け 登場人物紹介>福井藩主#松平慶永/#春嶽(#要潤)「才ある美し…

続きを読むread more

江戸幕府 『青天を衝け』登場人物相関図

江戸幕府 <徳川家> 第12代将軍:徳川家慶 江戸幕府第12代将軍。実子の家定を将軍とすることに不安を覚え、英邁(えいまい)と名高い慶喜を後継ぎにしたいと考える。慶喜に手ずから舞を教えたり、まるで本物の親子のように慶喜をかわいがる。 <#青天を衝け 登場人物紹介>第12代将軍#徳川家慶(#吉幾三)江戸幕府第12代…

続きを読むread more

水戸藩 『青天を衝け』登場人物相関図

水戸藩 水戸藩主:徳川斉昭 水戸徳川家第9代藩主。先進的で実行力に富み、気性の激しさもあって、のちに「烈公(れっこう)」と呼ばれる。それゆえに敵は多い。栄一の主君となる慶喜の父でもあり、幼少期から慶喜の才に期待し、暑苦しいほどの愛情深さで育てた。 慶喜の母:吉子(登美宮) 水戸藩9代藩主・徳川斉昭の正…

続きを読むread more

一橋家 『青天を衝け』登場人物相関図

一橋家 徳川斉昭の七男・のちの将軍:徳川慶喜 徳川斉昭の七男に生まれ、一橋家を継ぎ、徳川幕府最後の将軍へ。側近・平岡円四郎の目利きで渋沢栄一と出会い、財政改革に手腕を発揮した栄一を重用する。幕府終焉(しゅうえん)の時を迎えてからも、慶喜と栄一の厚い信頼関係は終生に及んだ。 <#青天を衝け 登場人物紹介>第15代将軍…

続きを読むread more

栄一に影響を与える人々 『青天を衝け』登場人物相関図

栄一に影響を与える人々 砲術家:高島秋帆 洋式砲術家。保守派の陰謀で投獄され、その後、栄一が生まれ育った武蔵国(むさしのくに)・岡部藩(おかべはん)の牢(ろう)に移される。やがてペリー来航により、秋帆の見識が幕府に求められて赦免される。 <#青天を衝け 登場人物紹介>砲術家#高島秋帆(#玉木宏)洋式砲術…

続きを読むread more

尾高家(おだかけ)の人々 『青天を衝け』登場人物相関図

尾高家(おだかけ)の人々 栄一の伯母:尾高やへ 惇忠、長七郎、千代、平九郎の兄妹を育てあげた尾高家の母。やがて惇忠たちは尊王攘夷の思想に突き進んでいく。いやおうなく幕末の動乱に巻き込まれていく子どもたちを心配しつつも温かく見守る。 <#青天を衝け 登場人物紹介>栄一の伯母#尾高やへ(#手塚理美)惇忠、長七郎…

続きを読むread more

渋沢家 東の家(ひがしんち)の人々 『青天を衝け』登場人物相関図

渋沢家 東の家(ひがしんち)の人々 栄一の伯父:渋沢宗助 渋沢一族の中で最も財をなした「東の家(ひがしんち)」の当主。血洗島村の名主として、栄一の父・市郎右衛門と共に村をまとめる顔役のような存在。甥(おい)の栄一には、時に口うるさく小言を言う。 <#青天を衝け 登場人物紹介>栄一の伯父#渋沢宗助(#平泉成)渋沢一族…

続きを読むread more

渋沢家 新屋敷(しんやしき)の人々 『青天を衝け』登場人物相関図

渋沢家 新屋敷(しんやしき)の人々 栄一の従兄:渋沢喜作 渋沢一族の一家、「新屋敷」の長男。栄一より2歳上で、幼なじみとして育ち、生涯の相棒となる。直情的だが情に厚く、弁が立つ知性派の栄一とは正反対の性格。幕末の混乱の中で彰義隊を結成し、栄一とは異なる道を歩む。 <#青天を衝け 登場人物紹介>栄一の従兄#渋沢喜作(…

続きを読むread more

渋沢家 中の家(なかんち)の人々 『青天を衝け』登場人物相関図

渋沢家 中の家(なかんち)の人々 栄一の父:渋沢市郎右衛門 「中の家(なかんち)」を立て直すため婿養子として入る。骨身を惜しまず働く勤勉家で、家業の研究に余念がなく、藍玉づくりの名手と呼ばれた。四角四面で厳格な父だが、破天荒な栄一の生き方を誰よりも支援した。 <#青天を衝け 登場人物紹介>栄一の父#渋沢市郎右衛…

続きを読むread more