麒麟がくるの麒麟とは?麒麟の意味と明智光秀との関係を調査!

麒麟がくるの麒麟とは?



麒麟とは? wikipediaで調べてみた!

麒麟(きりん、拼音: qílín チーリン)は、中国神話に現れる伝説上の霊獣である。形は鹿に似て大きく背丈は5mあり、顔は龍に似て、牛の尾と馬の蹄をもち、麒角、中の一角生肉。背毛は五色に彩られ、毛は黄色く、身体には鱗がある。基本的には一本角だが、二本角、三本角、もしくは角の無い姿で描かれる例もある。


kirin.jpg



この絵を見ると、キリンビールを思い出しませんか?

麒麟(キリンビール)の社名の由来

麒麟は首の長い動物のキリンではなく、空想上の生物で縁起がよいとされている古代中国の聖獣・麒麟が名前の由来となっている。商品のラベルに描かれているのが麒麟。
麒麟という名前は三菱財閥の荘田平五郎の発案で、当時、西洋輸入のビールのラベルには猫や狼といった動物の絵柄が描かることが多く、東洋の聖獣で縁起が良い「麒麟」を採用したと言われている。

麒麟は麒(き)をオス、麟(りん)をメスとして区別している。頭にツノが生えていてその姿は鹿に似ているが、顔は龍に似ているという。千年という長い年月を生き、性格は温厚で穏やかな幻の聖獣。

ちなみに首の長いキリンは漢字で「騏驎」と書く。(麒の偏が鹿から馬になっている)麒麟ビールのラベルには隠し文字として、「キ」「リ」「ン」の文字が小さく描かれている。

引用:麒麟(キリンビール)の社名の由来


普段の性質は非常に穏やかで優しく、足元の虫や植物を踏むことさえ恐れるほど殺生を嫌う。神聖な幻の動物と考えられており、1000年生きるという。

2020年の大河ドラマで「麒麟がくる」という新しいシリーズが始まりますが、明智光秀を描くドラマの中で、麒麟という伝説上の霊獣とイメージ付けているか?どうなのでしょうか?

明智光秀の性格が、麒麟に似ているということなのか?調べてみたくなりました。



長谷川博己.jpg



麒麟を明智光秀に例えているということは見つけることが出来ませんでしたが、麒麟が現れるのは、その時代を作るであろう王のもとに現れるとされています。織田信長の力が圧倒的であった戦国時代。しかし、多くの将軍が我こそが世を治める人間だと信じ、戦っていました。そんな彼らの中で全国を統一し、世を治めるのは誰なのか?



麒麟は誰のところに現れるのか?

"麒麟がくるの麒麟とは?麒麟の意味と明智光秀との関係を調査!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気記事