青天を衝けキャスト子役 笠松基生くんは多数ドラマ出演経験「かわいい」「イケメン」


いよいよNHK大河ドラマ『青天を衝く』の放送が先日、2月14日(日)からスタートした。
渋沢栄一が生きた時代の幼少期を演じた子役たちがが注目を浴びている。

徳川慶喜の幼少期・七郎麻呂を演じるのは笠松基生(かさまつ・もとい)くん。

2009年生まれ
特技は指の柔らかさ、ハンドスプリングなど
出演作にドラマ「anone」(2018・日本テレビ系)、「神酒クリニックで乾杯を」(2019・BSテレ東)など

笠松 基生(Kasamatsu Motoi)くんプロフィール
6xqInlBeTmbnnl11613530810_1613530841.jpg
 AMUSE所属
 生年月日:2009年12月3日(11歳)
 出身地:神奈川県
 身長:162cm
 特技:指が柔らかい・ハンドスプリングができる
 趣味:ゲーム・科学

3.jpg


放送中から、2人の子役の演技に「かわいい」「イケメン」「キラキラしている」と視聴者が沸いた。







この記事へのコメント