尾高家(おだかけ)の人々 『青天を衝け』登場人物相関図

103.JPG


尾高家(おだかけ)の人々


栄一の伯母:尾高やへ
220.JPG
惇忠、長七郎、千代、平九郎の兄妹を育てあげた尾高家の母。やがて惇忠たちは尊王攘夷の思想に突き進んでいく。いやおうなく幕末の動乱に巻き込まれていく子どもたちを心配しつつも温かく見守る。



栄一の従兄:尾高惇忠(新五郎)
215.JPG
尾高家の長男。従弟(いとこ)である栄一や喜作に学問や剣術を教える。早くから水戸学に傾倒し、栄一らに大きな影響を与えた。明治維新後は富岡製糸場の初代場長となり、栄一を支える。



栄一の従兄:尾高長七郎
216.JPG
惇忠の弟、栄一の従兄。長身で堂々たる体躯(たいく)の長七郎は、神道無念流(しんどうむねんりゅう)の剣豪として名をとどろかせるようになり、栄一にとって憧れの存在に。兄の惇忠に代わって江戸や京へ遊学に行き、世情を栄一らに伝える。



栄一の従妹/のちの妻:尾高千代
217.JPG
惇忠、長七郎の妹。栄一よりひとつ年下で、喜作も交えた三人は幼なじみとして育つ。控えめで口数は少ないが、心の芯はめっぽう強い。栄一と結婚してからは、多忙な栄一に代わって渋沢家を守り、内助の功を発揮する。



栄一の従弟:尾高平九郎
218.JPG
尾高家の末っ子。偉大な兄たちの背中を追いかけ、姉の千代を心から慕い、文武両道で心優しい美青年に育つ。栄一のパリ行きに伴い、見立て養子となるが、そのことがきっかけとなり幕府崩壊の動乱に巻き込まれていく。



惇忠の妻:尾高きせ
224.JPG
惇忠の妻。各地から草もうの志士が訪れるほど、文武に精通した人格者の夫を寡黙に支える。長男の務めがあるため、家を出ることができない惇忠の歯がゆさを、言葉にはしないがひそかに感じている。



尾高長七郎:子ども時代/須東煌世
221.JPG
尾高千代:子ども時代/岩﨑愛子
221.JPG
尾高平九郎:子ども時代/高木波瑠
223.JPG


この記事へのコメント