原作/大森美香 NHK大河ドラマ『青天を衝け』経歴は?家族は?

NHK大河ドラマ2021『青天を衝け(せいてんをつけ)』


2021年2月14日から放送予定のNHK大河ドラマ第60作。「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一を主人公に、幕末から明治までを描く。


t85zJ06g.jpg

青天を衝け 意味


表題「青天を衝け」は渋沢自身が詠んだ漢詩の一節「勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」(意:青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む)から取られた


脚本は大森美香さんが担当。
主演は吉沢亮さん。


作/大森美香(おおもり みか)
oomorimika.jpg

1972年3月6日 (48)
日本の脚本家、演出家、映画監督。
福岡県築上郡築城町(現・築上町)出身。

神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業
青山学院女子短期大学芸術学科卒業
短大卒業後、名古屋テレビ放送に入社
24歳で退社
2000年からフリーランス
2021年放送開始の大河ドラマ『青天を衝け』で脚本を担当する

受賞歴
2001年:第28回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞(『カバチタレ!』)
2005年:第23回向田邦子賞(『不機嫌なジーン』)史上最年少で受賞
2016年:第24回橋田賞(『あさが来た』)


2016年3月にNHK朝ドラ『あさが来た』の脚本も書いている
当時4歳のお子さんがいてママさんとしての苦労を語っていた

夫は普通の会社員でお子さんを保育園に通わせていましたが
当時、保育園では「預かり保育」というのをやってくれていて
非常に助かったとのことでした
そして夫の理解もあり、やり上げたということでした

2021年2月現在、お子さんも8歳になって小学校へ通う年齢になり
お母さんのお仕事の理解度も増していることでしょう。


主な作品
テレビドラマ
『カバチタレ!』
『ランチの女王』
『きみはペット』
『不機嫌なジーン』
『風のハルカ』
『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』
『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』
『あさが来た』
『未解決の女 警視庁文書捜査官』
『青天を衝け』
映画
『カイジ 人生逆転ゲーム』
『宇宙兄弟』








oomorimika.jpg

大森美香 大河
大森美香 家族
大森美香 夫
大森美香 結婚
大森美香 朝ドラ
大森美香 木村佳乃
大森美香 中村倫也
大森美香 出身
大森美香 バレエ

この記事へのコメント