海道一の弓取り 今川義元 演:片岡愛之助 「麒麟がくる」大河ドラマ

2020年大河ドラマ「麒麟がくる」

2020年1月19日(日)8:00スタート




海道一の弓取り 今川義元 演:片岡愛之助 「麒麟がくる」大河ドラマ




海道一の弓取り 今川義元(いまがわ・よしもと)


戦国時代の駿河国及び遠江国の守護大名・戦国大名。

今川氏第11代当主。姉妹との婚姻関係により、武田信玄や北条氏康とは義理の兄弟にあたる。

「海道一の弓取り」の異名を持つ東海道の広大な地域の支配者。



永正16年(1519年)、今川氏親の三男して生まれる。

母は父の正室である中御門宣胤の娘(寿桂尼)。




生年月日: 1519年
生まれ: 駿河国
死亡: 1560年6月12日, 愛知県 豊明市
官位: 従四位下治部大輔
幕府: 室町幕府駿河守護、遠江守護
生誕: 永正16年(1519年)



義元は、桶狭間の戦いで織田信長の奇襲を受け戦死

これを機に信長は天下人への第一歩を踏み出し

今川家は没落

桶狭間の戦い


織田信長軍(3000-5000人)
 森可成、河尻秀隆、佐久間信盛、千秋季忠

今川義元軍(25000-4500人)
 朝比奈泰朝、岡部元信、松井宗信、松平元康



日本の戦国時代の永禄3年5月19日(1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦。

2万5千人(異説あり)といわれる大軍を率いて尾張東部に侵攻した駿河の戦国大名である今川義元に対し、尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲または奇襲し、今川義元を討ち取って今川軍を退却させた。日本三大奇襲に数えられる、

日本の歴史的に有名な戦いである。



片岡愛之助.jpg


今川義元 演:片岡愛之助.jpg

今川義元 演:片岡愛之助

この記事へのコメント

人気記事