金栗四三(かなくり しそう) 日本のマラソンの父を中村勘九郎が演じるNHK大河ドラマいだてん。54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3の逸話

日本のマラソンの父 金栗四三

金栗四三.jpg

感動して涙する話 オリンピックのマラソンでハプニング


ストックホルムで「オリンピック開催55周年式典」

「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」


金栗四三の年表

1891(明治24)年・・・現在の熊本県和水町にて生まれる。

1901(明治34)年・・・玉名北高等小学校に入学。
往復12キロにわたる距離を走って通学していた。
この経験が、四三のランナーとしての基礎を築いたと言われている。

1910年(明治43)年・・・東京高等師範学校(現・筑波大学)に入学する。
当時の学長は、講道館柔道の創始者である嘉納治五郎であった。

1911(明治44)年・・・翌年に開催されるストックホルムオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場。
当時の世界記録(当時の距離は25マイル=40.225キロ)を27分も縮める大記録(2時間32分45秒)を出し、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手となった。

1912(明治45)年・・・ストックホルムオリンピックでは、レース途中で日射病により意識を失って倒れ、近くの農家で介抱される。
金栗が目を覚ましたのは既に競技が終わった翌日の朝であった。このため金栗はレースを諦めざるを得ず、そのまま帰国した。

1914(大正3)年・・・春野スヤと結婚。6人の子供に恵まれる。

1916(大正5)年・・・神奈川師範学校に教師として赴任。担当科目は地理だった。

1916(大正5)年・・・ベルリンオリンピックではメダルが期待されたが、第一次世界大戦の勃発で開催中止となり出場することができなかった。

1917(大正6)年・・・駅伝の始まりとされる東海道駅伝徒歩競走(京都の三条大橋と東京の江戸城・和田倉門の間、約508キロ、23区間)の関東組のアンカーとして出走。

1920(大正9)年・・・第1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が開催され、金栗もこの大会開催のために尽力している。

1920(大正9)年・・・アントワープオリンピック、成績は16位。

1924(大正13)年・・・パリオリンピックでもマラソン代表として出場したが途中棄権に終わっている。

1936(昭和11)年・・・日本初のオリンピック誘致のために尽力するも果たせず。

1946(昭和21)年・・・熊本県体育会を創設。初代会長に就任する。

1967(昭和42)年・・・3月、ストックホルム五輪開催55周年記念式典に招待される。
競技場に用意されたゴールテープを切り、無事完走する。

<逸話>
「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされた。54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。金栗はゴール後のスピーチで、「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」とコメントした。

1983年(昭和58)年・・・11月13日故郷の玉名市で92歳でその生涯を閉じた。

2004(平成16)年・・・箱根駅伝の最優秀選手に「金栗四三杯」が授けられるようになる。

引用:Wikipedia




金栗四三とは?~中村勘九郎演じる~

金栗 四三(かなくり しそう)
1891年(明治24年)8月20日 - 1983年(昭和58年)11月13日)
日本のマラソン選手、師範学校教師、熊本県初代教育委員長。
東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の開催に尽力。
日本に高地トレーニングを導入したり日本マラソン界の発展に大きく寄与するなど日本における「マラソンの父」と称された。
熊本県玉名郡春富村(現・和水町)出身。玉名市名誉市民。



金栗四三を取り巻く人物

金栗四三の父親・・・金栗信彦(かなくり のぶひこ)演:田口トモロヲ
金栗四三の母親・・・金栗シエ(かなくり しえ)演:宮崎美子
金栗四三の兄・・・金栗実次(かなくり さねつぐ)演:中村獅童
金栗四三の祖母・・・金栗スマ(かなくり スマ)演:大方斐紗子
金栗四三の妻・・・春野スヤ(はるの スヤ)演:綾瀬はるか
スヤの父親・・・春野先生(はるのせんせい)演:佐戸井けん太
スヤの養母・・・池部幾江(いけべ いくえ)演:大竹しのぶ

金栗四三の恩師・・・嘉納治五郎(かのう じごろう)演:役所広司
金栗四三の盟友・・・三島弥彦(みしま やひこ)演:生田斗真




大河ドラマ「いだてん」PR映像(5分)

この記事へのコメント

人気記事