金栗四三 名言~グリコの看板のランナーの実在のモデルは金栗四三~箱根駅伝歴代の「金栗四三杯」受賞者

金栗四三 名言


『体力、気力、努力』
■注釈:金栗の墓碑に刻まれている言葉

『長い道のりでした。この間に嫁をめとり、子供6人と孫が10人できました』
■注釈:第5回ストックホルム大会(1912年)に金栗は出場したが、レース途中で倒れた。それから55年後にストックホルムに呼ばれ金栗はゴールインした。そして会場にアナウンスが流れた「日本の金栗四三選手、ただいまゴールインしました。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3」。そしてさらに「これをもちまして、第5回ストックホルム・オリンピック大会の全日程を終了致します」会場は拍手に包まれた。「ゴール」した後の金栗のコメントが上の名言である。会場は大きな笑顔とより大きな拍手に包まれた

『私は、オリンピックで、ついに優勝ばできんかったとじゃ。ばってん、あの第5回ストックホルムの大会に出場したオリンピック選手は、みな、亡くなってわし一人になったとじゃ、長生き競争には、わしが一番たい。はっはは』
■注釈:金栗は92歳の時に入院する。教え子が、ぞくぞくとお見舞いに来たが、このように笑い飛ばした






グリコの看板のランナーの実在のモデルの真相

一般的に、フィリピン人の陸上選手・カタロンさんがモデルと言われています。
グリコランナーは複数のスポーツ選手を参考に描かれていたんですね。
カタロンさんは、複数の選手の内の1人に過ぎなかったのです

それは、カタロン・谷三三五・金栗四三の3選手という事になります。
3人のゴールした時の笑顔が印象的だったので、それを参考に描かれたというのが真相のようです。


引用:https://himanews.hatenablog.com/entry/glicokanban



グリコネオンの看板

guriko.jpg



グリコの看板のモデルになった人物とは よしログ



<解説>
1912年にストックホルムで開催されたオリンピックのマラソンに出場し、ゴールまでに54年と8か月かかったと言われる金栗四三。実はこの記録はオリンピック委員会のスタッフによる粋な計らいから生まれたというのだが……。果たして、最も遅いマラソン記録にどんな感動秘話があるのか?




金栗四三杯

金栗四三杯(かなぐりしぞうはい)は、金栗四三の功績を記念して創設された賞典あるいは大会。

「金栗四三杯」を贈賞している大会
富士登山駅伝の一般の部での優勝チームに贈られる賞 - 富士登山駅伝を参照。
東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の最優秀選手賞 - 東京箱根間往復大学駅伝競走を参照。

箱根駅伝の最優秀選手に送られる金栗四三杯

2004年から、 金栗四三の功績を称える意味で「金栗四三杯」が設けられました。


第95回箱根駅伝で東海大初の総合優勝に貢献し最優秀選手に選ばれた小松陽平(3年)に、大会の生みの親で同町出身の金栗四三の名前を冠した「金栗四三杯」を贈った。
(2019年1月4日付 熊本日日新聞朝刊掲載)







ちなみに、
2018年は、青山学院大 7区の林奎介
2017年は、日体大 6区の秋山清仁
2016年は、青山学院大 1区の久保田和真
2015年は、青山学院大 5区の神野大地

第1回(2004年)筑波大 5区の鐘ヶ江幸治


引用:https://iris-laevigata.com/kanakurishisouhai/

東海大の小松陽平が“いだてん区間新”で「金栗四三杯」




この記事へのコメント

人気記事