大竹しのぶ NHK大河ドラマいだてんに「池部幾江(スヤの養母)役」で出演。ピアフや 髪型、 息子や映画がいいね!

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作



池部幾江(いけべ いくえ)演:大竹しのぶ・・・スヤの養母。


g0MHeASdoeZKjtX1547114012_1547114034.jpg




池部幾江(いけべいくえ)。
日本人初のオリンピック選手、マラソンランナー金栗四三の養母であり、大恩人です。
子供もいなかったので、池部家のためにも養子が欲しがっていました。
そこで金栗四三の兄実次に、四三を養子に欲しいと頼むのです。
養母となり、結婚相手も紹介されて本当に結婚したのですが、それだけでも四三にとって大きな存在となりますね。
実際は幾江には子供はいませんでしたが、いだてんでは子供がいたという設定です。
金栗四三がマラソンに専念できたのは池部幾江のおかげ





引用:https://meiji-revolution.com/ikebe-ikue-1083


大竹しのぶ プロフィール

本名:大竹 しのぶ
生年月日:1957年7月17日(61歳)
出生地:東京都
血液型:A型
職業:女優、タレント、歌手
活動期間:1973年 -
配偶者:服部晴治(1982年 - 1987年死別)、明石家さんま(1988年 - 1992年)
著名な家族:IMALU(長女)
公式サイト:http://www.otake-shinobu.com/

主な作品
テレビドラマ
『水色の時』
『徳川家康』
『男女7人夏物語』
『男女7人秋物語』
『元禄繚乱』
『それでも、生きてゆく』
『ごめん、愛してる』
映画
『青春の門』シリーズ
『事件』
『鉄道員 ぽっぽや』
バラエティー番組
『中居正広の金曜日のスマたちへ』




引用:大竹しのぶ


さんまと大竹しのぶとの伝説トーク







この記事へのコメント

人気記事