『いだてん〜東京オリムピック噺〜』2019年NHK大河ドラマ登場人物 西郷どん(せごどん)終わっての

西郷どん(せごどん) 『いだてん〜東京オリムピック噺〜』2019年NHK大河ドラマの予告 『いだてん〜東京オリムピック噺〜』 初回: 2019年1月6日 脚本: 宮藤 官九郎 ナレーション: ビートたけし 放送局: 日本放送協会 脚本:宮藤官九郎 演出:井上剛、西村武五郎、一木正恵、大根仁 出演者:阿部サダヲ、中村勘九郎、綾瀬はるか、大竹しのぶ、役…

続きを読む

田畑政治(たばた まさじ) 水泳ニッポンの父を阿部サダヲが演じるNHK大河ドラマいだてん。浜松市浜名湾游泳協会の会長職

水泳ニッポンの父 田畑政治 水泳ニッポンの父「田畑政治(たばたまさじ)」 引用:https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/miryoku/masaji/index.html 田畑政治の年表 1898年(明治31年)・・・浜松市中区成子町に生まれる 1916年(大正5年)・・・周辺の水泳部を統括す…

続きを読む

平沢和重(ひらさわ かずしげ) 東京オリンピックの父を星野源が演じるNHK大河ドラマいだてん。日本の外交官。NHK解説委員。

東京オリンピックの父 平沢和重 平沢和重の年表 1909(明治42)年9月14日・・・香川県丸亀市生   東京帝国大学卒業。駐米日本大使秘書官、ニューヨーク領事などを経て 1938(昭和13)年4月・・・バンクーバーから横浜に向かう氷川丸に乗船した際、偶然にもIOC委員の嘉納治五郎と出会う。   しかし、嘉納はその船旅の最中に肺炎を患…

続きを読む

星野源 NHK大河ドラマいだてんに「平沢和重役」で出演。ライブや アルバム、 サピエンスや映画がいいね!

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』 2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作 平沢和重(ひらさわ かずしげ)演:星野源・・・外交評論家、ジャーナリスト。 1964年の東京オリンピックを招致する際、IOC総会の最終プレゼンという大役を果たした人物です。 当時日本の前評判は圧倒的に不利でしたので、平沢のスピーチがなければ1964東京オリ…

続きを読む

韋駄天いだてんイダテンidatenの意味、走りとは?『いだてん〜東京オリムピック噺〜』

韋駄天 韋駄天(いだてん、梵: Skanda、音写:塞建陀、私建陀、別表記:違駄天)は 仏教において天部に属する神である。 韋陀、韋天将軍とも言われる。 由来 ヒンドゥー教の神スカンダ(Skanda)が仏教に入って仏法の護法神となったもの。義浄訳の『金光明最勝王経』「大弁才天女品」第十五に塞建陀天として、また『金光明経』「鬼神品」第十三に…

続きを読む

嘉納治五郎(かのう じごろう) 柔道の父を役所広司が演じるNHK大河ドラマいだてん。東洋初のIOC(国際オリンピック委員会)委員

柔道の父 嘉納治五郎 いだてん 嘉納治五郎 嘉納治五郎の年表 1860年12月10日(万延元年10月28日)・・・摂津国御影村(現・兵庫県神戸市東灘区御影町)で父・嘉納治郎作(希芝)と母・定子の三男として生まれる。 1870年(明治3年)・・・明治政府に招聘された父に付いて上京し、東京にて書道・英語などを学んだ。 1874年(明治7年)・…

続きを読む

金栗四三(かなくり しそう) 日本のマラソンの父を中村勘九郎が演じるNHK大河ドラマいだてん。54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3の逸話

日本のマラソンの父 金栗四三 感動して涙する話 オリンピックのマラソンでハプニング ストックホルムで「オリンピック開催55周年式典」 「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」 金栗四三の年表 1891(明治24)年・・・現在の熊本県和水町に…

続きを読む

いだてん~「“東京”と“オリンピック”」 1912年のストックホルム大会から1964年の東京五輪まで詳細解説しました。

1912年ストックホルム大会から1964年東京五輪 1912 ストックホルム(スウェーデン) ※1916年ベルリン(第一次世界大戦により中止) 1920 アントワープ(ベルギー)  1924 パリ(フランス) 1928 アムステルダム(オランダ) 1932 ロサンゼルス(アメリカ) 1936 ベルリン(ドイツ) ※1940年東京(戦争により中止) ※1944年ロンドン(第二…

続きを読む

金栗四三 名言~グリコの看板のランナーの実在のモデルは金栗四三~箱根駅伝歴代の「金栗四三杯」受賞者

金栗四三 名言 『体力、気力、努力』 ■注釈:金栗の墓碑に刻まれている言葉 『長い道のりでした。この間に嫁をめとり、子供6人と孫が10人できました』 ■注釈:第5回ストックホルム大会(1912年)に金栗は出場したが、レース途中で倒れた。それから55年後にストックホルムに呼ばれ金栗はゴールインした。そして会場にアナウンスが流れた「日本の金栗四三選手、ただいまゴールインしました。…

続きを読む

大竹しのぶ NHK大河ドラマいだてんに「池部幾江(スヤの養母)役」で出演。ピアフや 髪型、 息子や映画がいいね!

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』 2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作 池部幾江(いけべ いくえ)演:大竹しのぶ・・・スヤの養母。 池部幾江(いけべいくえ)。 日本人初のオリンピック選手、マラソンランナー金栗四三の養母であり、大恩人です。 子供もいなかったので、池部家のためにも養子が欲しがっていました。 そこで金栗四三の兄実次に、…

続きを読む

人気記事

スポンサーリンク