森山未來 NHK大河ドラマいだてんに「美濃部孝蔵」で出演。ダンスや舞台、浅見れいなや映画がいいね!

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作



美濃部孝蔵(みのべ こうぞう)演:森山未來・・・若き日の古今亭志ん生。


BJH4a3yrDWzWYvR1548158335_1548158369.jpg






美濃部 孝蔵-5代目古今亭志ん生(ここんてい しんしょう)

1890年〈明治23年〉6月5日 - 1973年〈昭和48年〉9月21日)は、明治後期から昭和期にかけて活躍した東京の落語家。
本名、美濃部 孝蔵(みのべ こうぞう)。
生前は落語協会所属。出囃子は「一丁入り」。
戦後の東京落語界を代表する落語家の一人と称される。

長男は10代目金原亭馬生(初代古今亭志ん朝)、次男は3代目古今亭志ん朝。孫に女優の池波志乃(10代目馬生の娘)。

落語との出会い
博打や酒に手を出し、放蕩生活を続けた末に家出。以来、二度と実家へ寄り付かず、親や夭折した兄弟の死に目にも会っていない。
この頃、芸事に興味を抱くようになり、天狗連(素人やセミプロの芸人集団)に出入りし始める。
1907年(明治40年)頃に三遊亭圓盛(2代目三遊亭小圓朝門下、本名:堀善太郎)の門で三遊亭盛朝を名乗るが、まだプロの芸人ではなくセミプロであった。
同時期、左の二の腕に般若の刺青を入れたという。

1910年(明治43年)頃、2代目三遊亭小圓朝に入門し、三遊亭朝太との前座名を名乗る。
5代目志ん生自身は、当時名人と称された4代目橘家圓喬の弟子であったと生涯語っていた。
1916年から1917年(大正5年から6年)頃、三遊亭圓菊を名乗り、二つ目になる。
1918年(大正7年)、4代目古今亭志ん生門に移籍し、金原亭馬太郎に改名。その後、1921年(大正10年)9月に金原亭馬きんを名乗り、真打に昇進する。





美濃部 孝蔵-5代目古今亭志ん生

古今亭 志ん生.JPG


引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%8A%E4%BA%AD%E5%BF%97%E3%82%93%E7%94%9F_(5%E4%BB%A3%E7%9B%AE)#%E8%90%BD%E8%AA%9E%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%87%BA%E4%BC%9A%E3%81%84



森山未來 プロフィール

森山未來(もりやま みらい)

本名:同じ
生年月日:1984年8月20日(34歳)
出生地:兵庫県神戸市
身長:172 cm
血液型:AB型
職業:俳優、ダンサー
ジャンル:映画、テレビドラマ、舞台
活動期間:1999年 -
公式サイト MIRAI MORIYAMA

主な作品
映画
『世界の中心で、愛をさけぶ』
『フィッシュストーリー』
『モテキ』
『苦役列車』
『北のカナリアたち』
『怒り』
テレビドラマ
『WATER BOYS』
『危険なアネキ』
『僕たちの戦争』
『その街のこども』
『モテキ』
『夫婦善哉』
舞台
『テヅカ TeZukA』
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』
『100万回生きたねこ』





引用:森山未來


森山未來のパフォーマンスが近未来的でカッコいい!







この記事へのコメント

人気記事

スポンサーリンク