永山絢斗 NHK大河ドラマいだてんに「野口源三郎役」で出演。彼女や瑛太、 朝ドラや映画がいいね!

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作



野口源三郎(のぐち げんざぶろう)演:永山絢斗・・・東京高等師範学校の後輩。


5lrIDZ7c1ed_JEd1547100609_1547100637.jpg



野口源三郎は、明治21年(1888年)に埼玉県深谷市に生まれました。
野口は受け入れ、東京高等師範学校(現在の筑波大学)に進学し直すことになります。
運動ができるから学校の先生を辞めて大学に行くというのはなかなか聞かない話ですよね。
野口の運動能力が並はずれていたことがわかります。
当時の筑波大学は嘉納治五郎が校長を務めており、スポーツに熱心な数少ない学校でした。
筑波大学に入ると、野口源三郎はマラソンに励むことになります。
野口の1つ先輩には、日本人初のオリンピック選手となる金栗四三がいました。
野口は金栗と共に練習に励みます。校長でもある嘉納がIOC委員となり、日本で初めてオリンピックに参加することになりました。
野口もオリンピック予選会に参加しますが、選定はされませんでした。



野口源三郎
http_archives.cf.ocha.ac.jpexhibitionimagesLa_ph_3691a_ph_3691_0068.jpg

引用:https://meiji-revolution.com/genzaburo-noguchi-1128


永山絢斗 プロフィール

生年月日:1989年3月7日(29歳)
出生地:東京都板橋区
身長:176 cm
血液型:B型
職業:俳優
ジャンル:テレビドラマ、映画
活動期間:2007年 -
著名な家族:兄:瑛太
事務所:パパドゥ
公式サイト:公式プロフィール

主な作品
テレビドラマ
『パズル』
『おひさま』
『一路』
『べっぴんさん』
『ドクターX〜外科医・大門未知子〜 』
映画
『ソラニン』
『ソフトボーイ』
『ふがいない僕は空を見た』




引用:永山絢斗


永山絢斗さんCM集 全14篇 2009~2013






この記事へのコメント

人気記事

スポンサーリンク