髙橋洋 NHK大河ドラマいだてんに「池部重行役」で出演。舞台やニナガワ、 ドラマや映画がいいね!

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』
2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作



池部重行(いけべ しげゆき)演:髙橋洋・・・金栗四三の養母になる池部幾江の息子。


wnu5khhgmGf5kkG1547078467_1547078493.jpg





池部重行(いけべしげゆき)。
のちに主人公の金栗四三の養母になる池部幾江の息子役です。
まず池部重行(いけべしげゆき)は実在した人物ではありません。
いだてんのオリジナルです。
池部家に嫁いだ幾江ですが、早くに夫に先立たれ、子供もいませんでした。
そこで、池部家を取り潰すわけにはいかないということで、親戚関係にあった金栗家にお願いして四三を養子としたのです。
つまり「いだてん」では、金栗四三と池部重行は義兄弟になるということになります。



引用:https://meiji-revolution.com/shigeyuki-ikebe-1197



髙橋洋 プロフィール

生年月日:1972年9月5日(46歳)
出生地:大阪府
身長:170cm
血液型:O型
職業:俳優
ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画
配偶者:あり
事務所:ケイファクトリー
公式サイト:公式プロフィール

1992年、早稲田大学在学中、東京オレンジに入団。いくつかの舞台に出演する。
大学卒業後の1997年、蜷川幸雄のニナガワカンパニー・ダッシュ(現ニナガワ・スタジオ)に入団。
2001年、『真情あふるる軽薄さ2001』にて、降板した萩原聖人の代わりに急遽主役を演じ、演劇界で注目されるようになる。
2008年、ニナガワ・スタジオを退団。以降は映像中心に活動している。
2018年、6年半所属したオフィス北野を退社、5月からケイファクトリーに所属。



引用:髙橋洋




舞台『アドルフに告ぐ』 キャスト 高橋洋







この記事へのコメント

人気記事

スポンサーリンク